新着情報

新着情報

平成30年度 入学式

<入学式の様子>

 ~ 4月9日(月) ~  

  本校の入学式が行われました。

  今年は188名の新入生が石商の門をくぐりました。不安と期待、そして、少々あどけなさが残る初々しい姿に今年も石商に新たな1ページが加わったことを感じました。

  今までの中学校生活とは違った生活が始まるわけですが、1日でも早く石商生として、馴染んでもらい、将来を担う人材に成長してくれることを切に願っています。

  新入生の皆さんと保護者の皆様、ご入学、本当におめでとうございます。

卒業式

<校長式辞の様子>

~ 3月1日(木) ~  

 第70回卒業証書授与式が挙行されました。

 校長先生からそれぞれのクラス代表に卒業証書が手渡されました。

 入学から3年間を過ごした中で,多くの思い出を振り返り,多くを学び得た自信が生徒一人ひとりの表情から満ちあふれていました。

 今後はそれぞれの進学先・就職先での活躍を期待しています。

寒稽古

<寒稽古の様子>

~ 2月5日(月)~2月8日(木) ~  

 石商伝統の寒稽古が石商会館で行われました。

 対象は1年生で柔道部の顧問と柔道部員がサポートで参加してくれました。

 生徒たちは、氷点下の寒さの中でも、気を引き締めながら技を掛け合っていました。

 今回の寒稽古を通じて、日本の伝統文化だけでなく、心身ともに鍛えられたと思います。
 
 寒い中、怪我なくできたのも周りのサポートと自分自身の気をしっかり引き締めたからだと思います。今後の学校生活も気を引き締めて生活していきましょう。

税に関する作文

<表彰後握手を交わす様子>

~ 11月17日(金) ~  

 税に関する作文の表彰が行われました。

 『税と子供の未来について』の作文で本校生徒が、石巻地区税務関係協議会会長から賞状と記念品を贈られました。

 受賞後の会談で、受賞生徒が進学後にまた石巻に戻って貢献したいと話すると、会長からは
 「石巻の復興のために優秀な人材が進学後また石巻に戻って貢献してくれる事はありがたい。」という言葉をいただきました。

 最後に握手をがっちりと交わしていました。

生徒会役員選挙

<生徒会役員選挙の様子>

~ 11月15日(水) ~  

 生徒会役員選挙が行われました。

 18歳から選挙に参加でき,投票できるようになりました。
 石巻市の選挙管理委員会から投票箱と記載台を借りて、本番さながらの生徒会役員選挙が行われました。

校内弁論大会

<弁論大会の様子>

~ 11月8日(水) ~  

 石巻商業伝統の校内弁論大会が行われました。

 一昨年までは文化祭の校内発表時に行っていましたが、昨年からLHRの時間を使用して校内弁論大会を行うようになりました。

 今年は、各クラスから1名ずつの代表者と教員代表が1名の計16名での弁論大会となりました。

 今年のテーマは「復興について」、「学校生活について」、「社会の一員として」の3つのテーマで弁論が行われました。

石商祭

<吹奏楽部による演奏の様子>
<模擬店の様子>

~ 10月27日(金)・28日(土) ~  

 10月27日(金)は校内発表を行いました。

 午前の部は吹奏楽部の演奏から始まり,生徒会から伊万里商業・浜松商業との交流についての発表,科学部の公開実験と続いていきました。
 
午前の部の一番最後は,初の試みとなるクラスCMでした。それぞれのクラスが次の日に行う模擬店のPRとして作成されました。各クラスともバラエティに富んだ作品を見ることができました。

 午後の部は,逆ミス逆ミスターやカラオケのど自慢,有志団体によるダンスなどで盛り上がる場面が多かったです。

 10月28日(土)は一般公開を行いました。

 開場から多くの来場客で模擬店は賑わっていました。特に人気だったのはお化け屋敷で大行列ができていました。

 多くの模擬店で商品を完売することができました。

 多くの方にご来場していただき、ありがとうございました。

クロスカントリー大会

<男子スタートの様子>

~ 10月20日(金) ~

 雨が降りしきる中,クロスカントリー大会が行われました。

 雨のため距離を短くしてのクロスカントリー大会となりました。

 肌寒い天候ではありましたが,生徒が上位入賞を目指して、一生懸命に走る姿を見ることができました。

芸術鑑賞会

<演劇の様子>
<インタビューの様子>

~ 9月29日(金) ~  

 1学期の期末考査が終了し,その日の午後に芸術鑑賞会が行われました。

 今回は「小さい『っ』が消えた日」というテーマで劇団「仲間」の方々による演劇でした。

 演劇の準備も朝早くから進み,壮大なセットや照明を近くで見ることができました。

 この劇の原作は,ステファン・フォン・ローという外国の方で,内容は五十音村に住む妖精たちの物語です。
音のない小さな『っ』が主人公として,物語が進んでいきました。
小さな『っ』が無いだけで,別な日本語になる面白さに多くの生徒が釘付けになって鑑賞していました。

 今回の演劇を通して,必要のないものは何一つないということに,気づくことができたのではないでしょうか。

劇団「仲間」のみなさん,素晴らしい演劇をありがとうございました。

みやぎ総文2017

<誘導の様子>
<受付・案内の様子>

~ 8月2日(水) ~  

 みやぎ総文2017が7月31日から始まりました。
 
 石巻では、石巻専修大学を会場に自然科学分野の発表が8月2日(水)~8月4日(金)で行われます。

 本校からはボランティアとして教員と生徒会の生徒が駅前での誘導や石巻専修大学での受付・案内を行いました。

 誘導は「石巻へようこそ」というおもてなしの心で、受付・案内は「震災の復興と恩返し」の意味を込め、笑顔で元気に他県の生徒に挨拶をしていました。